鬼滅の刃

鬼滅の刃「煉獄千寿郎」の解説|杏寿郎との関係性・剣士としての才能など

鬼滅の刃に登場する「煉獄千寿郎」を解説。杏寿郎や槇寿郎の関係性・剣士としての才能などをまとめて紹介していきます。

千寿郎とは?

杏寿郎の弟

kimetsu-senjurou-img1鬼滅の刃 第69話から引用。

千寿郎は槇寿郎(しんじゅろう)の息子で杏寿郎(きょうじゅろう)の弟です。名門・煉獄家の生まれですが、杏寿郎とは違って剣士としての才能には恵まれていません。修行をしても日輪刀の色は変わりませんでした。そのため、剣士になることを諦めています

また、外伝では料理が得意なことが判明。普段から煉獄家の舵を担当していたと思われます。

容姿・性格

kimetsu-senjurou-img2鬼滅の刃第69話から引用。

容姿は杏寿郎にそっくり。眉毛は八の字になっているので、杏寿郎と比べると若干気弱に見えます。性格は杏寿郎のように豪快ではなく、大人しいです。自宅を訪れた炭治郎を気遣うなど、杏寿郎と同じく優しさを持ち合わせています。

煉獄千寿郎の生存等最終的な状況について

【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と最終状況の一覧鬼滅の刃(きめつのやいば)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最終的な状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載...

家族との関係性

杏寿郎を慕う

kimetsu-senjurou-img3鬼滅の刃第69話から引用。

千寿郎は杏寿郎を慕っています。無限列車で杏寿郎が死亡した事を知った際、泣き崩れています。炭治郎が自宅を訪れた際、千寿郎の顔には泣いて腫れた跡がありました。

槇寿郎とは良好な関係を築けていません。というよりも、槇寿郎が酒浸りの生活をするようになり、上手く話せなくなった様子。槇寿郎が杏寿郎を悪く言っても、千寿郎は口答えすることができませんでした。

それでも、無惨(むざん)の討伐後は、手を繋いで帰る姿があったため、関係性は良くなったと思われます。

作中での活躍

日の呼吸を調べる

千寿郎は炭治郎のために「ヒノカミ神楽」と「日の呼吸」の関係性を調べています。歴代の炎柱に伝わる「炎柱ノ書」を槇寿郎がビリビリに破ってしまったため、どんな内容が記載されているか分かりませんでした。

千寿郎は炭治郎のために炎柱ノ書を復元。復元した情報を鴉に私、炭治郎に渡しました。

また、炭治郎が自宅を去る時には、杏寿郎が使っていた日輪刀の鍔を炭治郎に託しています。

漫画が1冊無料「U-NEXT」

電子書籍
U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで漫画1冊を「無料」で読むことができます!
ラインナップ数が非常に多く、人気作品の最新刊だけではなく、連載が終了した過去の名作も読めてしまいます。

31日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、漫画購入費の40%がポイントバックされるため、U-NEXT内では全漫画が実質4割引きで買えてしまいます。

\ 31日以内に解約で無料!! /
漫画を1冊無料で読む
本ページの情報は2022年7月14日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

無料のVODをもっと探したい方はこちらへ