アニメ

アニメ「波よ聞いてくれ」の続きは漫画何巻から?

波よ聞いてくれのアニメキービジュアル

アニメ「波よ聞いてくれ」の続きが漫画何巻・何話から、アニメはどこまで放送されたかを解説しています。波よ聞いてくれのアニメを見て、漫画版を購読予定の方はぜひご覧ください!

アニメ「波よ聞いてくれ」の続きは何巻から?

漫画4巻からが続き

波よ聞いてくれ4巻の表紙

アニメ「波よ聞いてくれ」は、1クール計12話にて放送が終了しました。アニメ終了時点では、漫画の3巻内容がほとんど描かれており、基本的に4巻が続きとなります。

またアニメ版の話は、7巻の地震の話を最終回に持ってきたりと、アニメ用に構成が変更されていました。4巻時点では地震が起きていないことをご認識ください。

漫画版は何巻から買うべき?

4巻から買うのがおすすめ

波よ聞いてくれのアニメを視聴した方は、4巻から見始めるのがおすすめです。アニメは3巻時点で終了しましたが、3巻収録話のほとんどがアニメ化されました。

3巻から買えばアニメを復習しながら漏れなく楽しめますが、4巻から読んでも話の大筋は十分掴めるので、4巻から購入で大丈夫です。

ちなみに4巻の前半では、ミナレと茅代まどかが公園にて罵り合いをする場面が描かれており、4巻後半からは久連木と瑞穂の関係が新たな局面を迎えていきます。

漫画4巻以降の見どころ

ミナレを敵対視するまどか

ミナレとまどか

人気パーソナリティ茅代まどかは、ミナレの番組を聞き、ミナレと2人きりで夜の公園で会うことに。酒を飲みながら語る2人の話は、いつの間にか罵り合いに発展していくのでした。

新人であるミナレを敵対視するまどか。果たしてこの気持ちは嫉妬なのか、それとも愛のあるムチなのか。2人の関係が色濃く描かれます。

瑞穂の気持ち

きぐれを手伝う瑞穂

放送作家の久連木が退社するという噂を聞いた瑞穂ですが、心の片隅には久連木と未だを一緒に仕事をしたい気持ちがありました。この気持ちは恋愛感情なのか、それとも同じ仕事人としての憧れからなのか。

久連木の執筆する小説を巡って、そんな2人の急展開を迎えていきます。

※波よ聞いてくれ4巻が60円で読める!

波よ聞いてくれ4巻の表紙

波よ聞いてくれ4巻が660円で発売中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで600円分のポイントを無料獲得でき、追加の60円で読むことができます!

30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

波よ聞いてくれを無料で読む