鬼滅の刃

鬼滅の刃「煉獄杏寿郎」の解説|容姿や性格・衝撃的な最期など

鬼滅の刃に登場する「胡蝶しのぶ」を解説。容姿や性格・衝撃的な最期・使用する呼吸・戦闘シーンなどをまとめて紹介していきます。

煉獄とは?

心熱き炎柱

kimetsu-rengoku-img1鬼滅の刃第77話から引用。

煉獄(れんごく)は「炎柱」の称号を持つ、鬼殺隊・最上級の剣士の1人。無限列車編で炭治郎と一緒に戦い、炭治郎の成長に大きな影響を与えた人物です。

心を燃やせ」「俺は責務を全うする!!」など、多くの名言を残しています。

容姿・性格

kimetsu-rengoku-img2鬼滅の刃第162話から引用。

煉獄は炎のような赤色の髪の毛と眼力のある瞳が特徴的。この髪の毛は代々先祖から引き継がれています。父の槇寿郎(しんじゅろう)と弟の千寿郎(せんじゅろう)も同じ髪型と同じ瞳。

性格は非常に熱く、正義感が強く豪快。どんな状況でも信念が揺れることはありません。

意志の強さや力強さは鬼殺隊でも随一です。また、後輩の面倒見も良く、過去には甘露寺(かんろじ)を育てていました。炭治郎の事も継子にしようとしていました。

煉獄杏寿郎の生存等最終的な状況について

【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と最終状況の一覧鬼滅の刃(きめつのやいば)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最終的な状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載...

戦闘能力

kimetsu-rengoku-img3鬼滅の刃第164話から引用。

炎の呼吸を使用

煉獄は非常に戦闘力が高いです。

無限列車編では、下弦の壱・魘夢が200人の乗客を人質にしましたが、誰も死なさず守り切りました。さらに、魘夢との戦闘後、猗窩座と激突。猗窩座にも「至高の領域にかなり近い」と実力を高く評価されていました。

煉獄の使用する「炎の呼吸」は非常に強力。上弦の参・猗窩座に何度も傷を与えていました。

本来上弦の鬼は少なくとも柱3人分の強さに匹敵します。それでも、煉獄は単独で猗窩座を後一歩のところまで追い詰めました。

衝撃的な最後

猗窩座との死闘

煉獄は無限列車に遅れてやってきた猗窩座と交戦。炎の呼吸を使い、何度も猗窩座の腕や胴体を斬りつけるも、猗窩座はすぐに超再生

徐々に猗窩座の攻撃がヒットし、煉獄は内臓・片目を失ってしまいました

煉獄は奥義「煉獄」を使い、猗窩座の胴体に大きな傷を与えるものの、猗窩座の腕が体を貫通。

猗窩座は必死にその場から逃げ、討伐には至りませんでした。煉獄は炭治郎に言葉を残し、死亡。

漫画が1冊無料「U-NEXT」

電子書籍
U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで漫画1冊を「無料」で読むことができます!
ラインナップ数が非常に多く、人気作品の最新刊だけではなく、連載が終了した過去の名作も読めてしまいます。

31日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、漫画購入費の40%がポイントバックされるため、U-NEXT内では全漫画が実質4割引きで買えてしまいます。

\ 31日以内に解約で無料!! /
漫画を1冊無料で読む
本ページの情報は2022年7月14日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

無料のVODをもっと探したい方はこちらへ