鬼滅の刃

鬼滅の刃「宇髄天元」の解説|容姿や性格・戦闘能力や悲しい過去など

鬼滅の刃に登場する「宇髄天元」を解説。容姿や性格・使用する呼吸・戦闘能力や悲しい過去などをまとめて紹介していきます。

宇髄とは?

派手なイケメン男

kimetsu-uzui-img1鬼滅の刃第85話から引用。

宇髄は「「音柱」の称号を持つ鬼殺隊・最上級の剣士の1人。鬼殺隊の隊士の中でも屈指のイケメン

かなりの派手好きで、宇髄は自身を「派手神」と自称しています。また、宇髄には3人の嫁(須磨・まきを・雛鶴)がいます。

容姿・性格

kimetsu-uzui-img2鬼滅の刃第86話から引用。

宇髄は180cmを超える長身で筋肉隆々。普段は輝石が組み込まれた額当てを頭に付けていますが、素顔はかなりの男前。

左目には化粧をして、爪は赤と緑で塗っています。さらに、両腕には金色の腕輪を付けるなど、かなり派手な見た目です。

性格は派手好きで、気さくな兄貴分のよう。戦闘では敵の能力を分析したり、炭治郎たちに指示を出すなど、指揮官としても優秀

宇髄天元の生存等最終的な状況について

【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と最終状況の一覧鬼滅の刃(きめつのやいば)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最終的な状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載...

悲しき過去

kimetsu-uzui-img3鬼滅の刃第88話から引用。

宇髄は「忍者の末裔」です。幼い頃は忍として活動し、暗殺業を行っていました。元々兄弟が多くいましたが、過酷な修行で13歳になる前に3人が死亡。

生き残った6人もお互いに殺し合いをしました。宇髄は兄弟2人をその手で殺めています

戦闘能力

音の呼吸を使用

宇髄は「音の呼吸」を使用します。宇髄の巨大な出刃包丁のような日輪刀から繰り出される音の呼吸の威力はずば抜けています。攻撃の際に爆薬を使うことで、さらに殺傷力はUP。

また、忍として育ったため、毒に対して耐性があります。さらに、恵まれた体格でありながら、とても身軽で移動速度は柱の中でも最速。

譜面

譜面は聴覚と指揮官能力を組み合わせた戦闘の計算式。鬼の行動の戦慄を読み、音に変換することで鬼の行動を把握し、勝機を見出すものです。
攻撃を分析する必要があるため、攻撃がかかるのが難点。

ただ、譜面が完成すれば、苦戦していた妓夫太郎に善戦しました。

漫画が1冊無料「U-NEXT」

電子書籍
U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで漫画1冊を「無料」で読むことができます!
ラインナップ数が非常に多く、人気作品の最新刊だけではなく、連載が終了した過去の名作も読めてしまいます。

31日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、漫画購入費の40%がポイントバックされるため、U-NEXT内では全漫画が実質4割引きで買えてしまいます。

\ 31日以内に解約で無料!! /
漫画を1冊無料で読む
本ページの情報は2022年7月14日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

無料のVODをもっと探したい方はこちらへ