鬼滅の刃

鬼滅の刃「時透無一郎」の解説|容姿や性格・刀鍛冶の里編の活躍など

鬼滅の刃に登場する「時透無一郎」を解説。容姿や性格・使用する呼吸・戦闘シーンなどをまとめて紹介していきます。

時透とは?

若干14歳の天才隊士

kimetsu-tokitou-img1鬼滅の刃第119話から引用。

無一郎(むいちろう)は霞柱の称号を持つ、鬼殺隊・最上級の剣士の1人。年齢は14歳。

刀を握って僅か2ヵ月で柱昇格を果たした天才です。潜在能力で言えば、柱の中でもトップクラス。

容姿性格

kimetsu-tokitou-img2鬼滅の刃第165話から引用。

無一郎は刀鍛冶の里編の前後で性格が大きく変化しています

登場時は記憶消失となっていた事もあり、普段からボーッとした性格。人の名前や顔も直ぐ忘れていました。また、冷静で合理的な性格で、配慮のない言い方をするため、炭治郎からは「配慮に欠けていて残酷」と言われていました。

刀鍛冶の里編後、性格は一変。年相応の明るさを取り戻し、炭治郎とはニコニコ話すようになりました。しかし、心を許していない人への態度は相変わらず。

容姿は毛先にかけて青色に変化している長髪が特徴的。また、氷見は淡い青色で色彩がはっきりしていないので、ぼんやりしています。体格は年相応の小柄。

時透無一郎の生存等最終的な状況について

【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と最終状況の一覧鬼滅の刃(きめつのやいば)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最終的な状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載...

戦闘能力

霞の呼吸を使用

kimetsu-tokitou-img3鬼滅の刃第119話から引用。

無一郎は「霞の呼吸」を使用します。霞の呼吸は、筋肉の弛緩と緊張を繰り返した足捌が特徴的。敵を翻弄する程の移動速度です。無一郎は既に独自の型「漆ノ型 朧」を編み出しています。

継国家の血を引く

無一郎がここまで剣の才能を持っている理由は、「継国家」の血を引いているからです。

継国家とは日の呼吸を使う縁壱(よりいち)や月の呼吸を使う上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の家系。縁壱たちの末裔だからこそ、無一郎の潜在能力は未知数です。

戦闘シーン

半天狗と交戦

無一郎は刀鍛冶の里編で上弦の伍・玉壺(ぎょっこ)と交戦。玉壺の血鬼術に苦戦し、死の一歩手前まで追い詰められました。

しかし、失った記憶を思い出し、「」を発現したことで形勢は逆転。「漆ノ型 朧」を発動し、一撃で玉壺の頸を斬り落としました

漫画が1冊無料「U-NEXT」

電子書籍
U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで漫画1冊を「無料」で読むことができます!
ラインナップ数が非常に多く、人気作品の最新刊だけではなく、連載が終了した過去の名作も読めてしまいます。

31日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、漫画購入費の40%がポイントバックされるため、U-NEXT内では全漫画が実質4割引きで買えてしまいます。

\ 31日以内に解約で無料!! /
漫画を1冊無料で読む
本ページの情報は2022年7月14日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

無料のVODをもっと探したい方はこちらへ