鬼滅の刃

鬼滅の刃「竈門炭吉」の解説|縁壱との関係性や炭治郎との関りなど

鬼滅の刃に登場する「竈門炭吉」を解説。縁壱との関係性や日の呼吸を授かった理由・炭治郎との関係性などをまとめて紹介していきます。

竈門炭吉とは?

竈門家の先祖

kimetsu-sumiyoshi-img1鬼滅の刃 第186話から引用。

炭吉(すみよし)は炭治郎(たんじろう)と禰豆子の(ねずこ)の先祖にあたる人物。生きていた時代は戦国時代

今の竈門家と同じように炭焼きを生業としています。妻のすやこと共に山の中で無人になっていた家を見つけて、そこで暮らしていました。

容姿・性格

kimetsu-sumiyoshi-img2鬼滅の刃 第192話から引用。

容姿は炭治郎・炭十郎(たんじゅうろう)にそっくり。炭治郎を大人にしたような見た目です。ただ、炭治郎とは違い、額に痣はありません。性格も炭治郎と同じように温かく優しいです。

竈門炭吉の生存等最終的な状況について

【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と最終状況の一覧鬼滅の刃(きめつのやいば)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最終的な状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載...

縁壱との関係性

命の恩人

炭吉にとって、縁壱は命の恩人。すやこが臨月の時、炭吉とすやこは鬼に襲われてしまいます。

そこに現れたのが縁壱です。縁壱は鬼を瞬殺し、2人の命を助けました。その後、縁壱は出産が近いやすこのために、産婆を連れてきています。

そのおかげで、すやこは無事すみれを出産。この一件がきっかけとなり、炭吉と縁壱の交流が始まりました。

日の呼吸を見せてもらう

kimetsu-sumiyoshi-img3鬼滅の刃 第192話から引用。

命を救われてから2年後、炭吉と縁壱は再会します。その際、炭吉は縁壱のこれまでの壮絶な過去を聞きました。その話に涙した炭吉は縁壱に「日の呼吸」を見せてもらいます。

その美しさを見た炭吉は「耳飾り」とともに後世に伝える事を約束しました。この日以降、縁壱と出会うことはありません。

炭治郎との関り

過去の記憶を覗く

炭治郎は無惨との最終決戦の中で意識を失い、縁壱と炭吉が出会った頃の記憶を覗きました。

この記憶の中で縁壱が日の呼吸を使用したため、炭治郎は「日の呼吸が全ての型を繋げて完成する」ことに気づきました。

漫画が1冊無料「U-NEXT」

電子書籍
U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで漫画1冊を「無料」で読むことができます!
ラインナップ数が非常に多く、人気作品の最新刊だけではなく、連載が終了した過去の名作も読めてしまいます。

31日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、漫画購入費の40%がポイントバックされるため、U-NEXT内では全漫画が実質4割引きで買えてしまいます。

\ 31日以内に解約で無料!! /
漫画を1冊無料で読む
本ページの情報は2022年7月14日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

無料のVODをもっと探したい方はこちらへ