鬼滅の刃

鬼滅の刃「宇髄の嫁3人」の解説|容姿や性格・作中での活躍・宇髄との関係性など

鬼滅の刃に登場する「宇髄の嫁3人」を解説。容姿や性格・作中での活躍・宇髄との関係性などをまとめて紹介していきます。

宇髄の嫁とは?

宇髄と結婚している元忍

kimetsu-uzuiyome-img1鬼滅の刃 第95話から引用。

宇髄の嫁とは、音柱・宇髄天元(うずいてんげん)の妻・須磨(すま)・まきを・雛鶴(ひなつる)のことです。元々、宇髄と同じく忍で、宇髄の部下でした。

宇髄の里では、「15歳になったら、一族の長が相性を考えて選んだ三人の女性を妻に持つ」おきてがあり、そのおきてによって、3人は宇髄の妻になりました。

容姿・性格

kimetsu-uzuiyome-img2鬼滅の刃 第95話から引用。

須磨は長い黒髪が特徴の最年少で、3人の中では一番泣き虫です。

まきをは金髪の前髪とポニーテールが特徴的な活発な美少女。

3人の中では最も身体能力がずば抜けています。

雛鶴は前髪を上げて、ひとつ結びにした髪型が特徴的な最年長。3人の中では最も冷静で、物事を的確に判断できます。

3人とも容姿・性格はバラバラですが、宇髄への気持ちはとても強いです。また、それぞれ宇髄の愛が強すぎるが故に、嫉妬することも多く、嫉妬が原因でもめることもあります。ただ、基本的に仲は良いです。

宇髄の嫁3人の生存等最終的な状況について

【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と最終状況の一覧鬼滅の刃(きめつのやいば)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最終的な状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載...

作中での活躍

遊郭に潜入

kimetsu-uzuiyome-img3鬼滅の刃 第95話から引用。

須磨・まきを・雛鶴は宇髄の命で遊郭に潜入しました。3人は別々で吉原の店に入り、花魁になることで、鬼の情報を収集。そして、集めた情報を宇髄に伝えていました。

しかし、須磨とまきをは上弦の陸・堕姫(だき)に捕まり、帯の中に封印されてしまいます。雛鶴は堕姫に怪しまれたため、毒を飲んで逃れようとしましたが、捕まってしまいました。

その後、伊之助(いのすけ)と宇髄によって、開放されます。

最終的にどうなった?

引退した宇髄と暮らす

須磨・まきを・雛鶴は第一線を退いています。宇髄が遊郭での負傷を理由に引退後、柱稽古では隊士たちの基礎体力向上の訓練を担当。

無限城で無惨(むざん)討伐後は、4人で仲良く暮らしています。

漫画が1冊無料「U-NEXT」

電子書籍
U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで漫画1冊を「無料」で読むことができます!
ラインナップ数が非常に多く、人気作品の最新刊だけではなく、連載が終了した過去の名作も読めてしまいます。

31日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、漫画購入費の40%がポイントバックされるため、U-NEXT内では全漫画が実質4割引きで買えてしまいます。

\ 31日以内に解約で無料!! /
漫画を1冊無料で読む
本ページの情報は2022年7月14日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

無料のVODをもっと探したい方はこちらへ