転スラ

【転スラ】ラズルとは?強さ・登場話についても解説

ラズル解説記事のアイキャッチ

この記事では、転スラのラズルについて解説しています。強さや最後のシーンについてもまとめているので、ラズルについて知りたい方はぜひご覧ください。

転スラのラズルとは?

グランから名付けされた「蟲型魔獣」

ラズルとは、長命種の蟲型魔獣(インセクト)です。五大老「グランベル」とは先年来の友人であり、シルトロッゾ(人類陣営)の切り札的な戦力です。リムル達との戦闘まで、その存在はひた隠しにされていました。

強さは魔王に匹敵するほど

ラズルはグランベルから名付けも受けています。インセクトの最終形態まで進化しており、魔素量はディアブロとシオンの合計を上回ります。

またインセクト種なので、物理攻撃・魔法攻撃どちらにも耐性を持ち、ディアブロのような「悪魔族」の攻撃をほぼ通しません。

非常に強大を持っており、千年間も北方の魔物の軍勢を1人で防衛していたほどです。

小説版にのみ登場する

WEB版(小説家になろう)には、ラズルは登場しません。GCノベルズから出版されている小説版「転スラ」にのみ登場します。

グランベルがルミナス・リムルの音楽会を襲撃した際に、ラズルは公の場に姿を現し、戦闘に参加しました。ちなみに登場巻は11巻です。

ラズルの戦闘シーン・最後

ディアブロ・シオンと互角に戦う

大聖堂を襲撃したラズルは、その場にいたディアブロ・シオンと対決します。ラズルはディアブロに対して有利耐性を持ち、2対1でも対等以上に戦いました。

ディアブロとランガが交代して、シオン&ランガで戦いますが、それでもラズルの外骨格に傷1つつけることは不可能でした。

シオン・ランガによって倒される

「超速再生」を持つシオンは、ランガを一時休ませてラズルと1対1で戦います。そしてシオンは、ラズルとの緊迫する戦いの中で、「闘鬼化」をユニークスキル「闘神化」に進化させるのです。

「闘神化」により純粋な身体能力を大幅に強化したシオンは、ランガの雷との合体技「天地活殺崩誕」でついにラズルにかすり傷をつけます。

そのかすり傷から、ユニークスキル「料理人」で雷を侵入させ、ラズルを体内から破壊します。こうしてラズルは最期を迎えます。

死亡後に魂がグランベルと一体化

ラズルが倒れた後、グランベルはラズルの魂を自身に一体化させます。その結果グランベルは、究極能力「希望之王/サリエル」を獲得するのです。

漫画が1冊無料「U-NEXT」

電子書籍

U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで漫画1冊を「無料」で読むことができます!
ラインナップ数が非常に多く、人気作品の最新刊だけではなく、連載が終了した過去の名作も読めてしまいます。

31日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題です。

\ 31日以内に解約で無料!! /
漫画を1冊無料で読む