アニメ

コードギアスで一番泣けるシーンは最終回!

コードギアス泣けるシーン記事のアイキャッチ

この記事では、コードギアスの泣けるシーン・話を紹介しています。全話の中で最も泣ける回を解説しているので、コードギアスの泣けるシーンを知りたい方は、ぜひご覧ください。

コードギアスの泣けるシーン

R2最終話「Re;」

ルルーシュがナナリーの前で死にゆくシーン

愛するナナリーとの対立

最終話では、愛するナナリーと激しく対立。ナナリーにギアスをかけ、ダモクレスの鍵を奪います。フレイヤを手に入れ独裁体制を敷くことで、黒の騎士団からの憎悪も自身が背負い込みます。「世界よ、我に従え」という命令とともに、王の座と世界中の憎しみを手に入れるのです。しかしこれは、全てナナリーを思っての行動でした。

ゼロ・レクイレムにより死亡する

王となったルルーシュは、世界中の人々に独裁体制を見せつけます。しかし、これはルルーシュの命をかけた策略「ゼロ・レクイレム」によるものでした。ゼロ・レクイレムにより、ルルーシュは自らの命を絶つことを望むのです。ゼロに変装したスザクと協力し、全人類が見守る中ルルーシュは殺害されました。

ルルーシュは、憎しみの対象となっていた自身が死ぬことで、憎しみの連鎖を断ち切ることを望んでいました。憎まれるような発言を繰り返していたのも、世界を少しでも平和にするためだったのです。

また、親友スザクとの別れのシーンも印象的でした。ルルーシュの最後の願いに対して「そのギアス、確かに受け取った」と言うシーンは涙なしには見られません。

全てを知ったナナリー

スザクに刺されたルルーシュは、舞台から転がり落ちてナナリーの目の前に倒れます。フラッシュバックで全てを知ったナナリーは、死にゆくルルーシュを見て涙を流します。しかしそんなナナリーとは裏腹に、民衆は新しいゼロを讃える歓声をあげるのでした。

ルルーシュの死の背景・ルルーシュとナナリーの関係性を知っているゆえに、とても悲しい最後でした。

その他の泣けるシーン・話

話数内容
14話「ギアス対ギアス」父の死に加えて、ゼロの正体を知ってしまったシャーリーは、マオの策略により心に大きな傷を追います。シャーリーを助けるために、ルルーシュは「自身との思い出を全て消す」悲しいギアスをかけるのです。
23話「せめて哀しみとともに」ルルーシュの暴走したギアスにより、日本人を虐殺してしまうことになったユフィ。記憶のないユフィは、自身の計画が日本人に受け入れられたかをスザクに聞きます。愛するユフィを悲しませないために嘘をスザク。また、ユフィの願いとは裏腹に反駁する民衆の対比に涙せずにはいられません。

23話「せめて哀しみとともに」

14話「ギアス対ギアス」

コードギアスが泣ける理由

計4クールで描かれるルルーシュの覚悟

ルルーシュの画像

コードギアスが泣けると言われるのは、50話を通して描かれる主人公ルルーシュの覚悟があってこそでしょう。コードギアスの物語は、人質としてブリタニア皇帝家を離れ、妹のナナリーとともに日本でひっそりと暮らしているところから始まります。いつ暗殺されてもおかしくない日々が続く中、ルルーシュはナナリーにとって優しい世界を作るべく、打倒ブリタニアを誓います。

しかし、世界の3分の1を占めるブリタニア帝国を倒すまでは、絶対遵守の力「ギアス」を駆使しても、非常に長い道のりでした。親友だったスザクとの対立や、ユーフェミア・シャーリーの死など、考えられないほどショックな出来事がルルーシュを襲います。何度挫けていたか分からないほどです。

しかしルルーシュは、それでも平和な世界を手に入れるために、前を向き続けました。大義のために殺人という悪まで犯してしまう姿勢には、正直心を打たれます。「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」というセリフには、ルルーシュが持ち続けている信念が凝縮されています。