アニメ

【コードギアス】イエス、ユア・ハイネスの意味を解説

この記事では、コードギアスのセリフ「イエス、ユア・ハイネス」の意味を解説しています。「マジェスティやマイ・ロード」との違いもまとめているので、意味の木になる方はぜひご覧ください!

イエス、ユア・ハイネスの意味

「了解」という意味

スザクと皇族ユフィの画像

「イエス、ユア・ハイネス」とは、「了解」という意味の言葉です。ブリタニア兵士がブリタニア皇族に対して使用する言葉なので、枢木スザクのセリフに登場することが多いです。

スザクと接点の多い皇族といえば、ユーフェミア(ユフィ)でした。そのため、このセリフを聞きたい場合は、ユーフェミアの生存したアニメ1期を見るのがおすすめです。

マジェスティやマイ・ロードとの違い

意味は同じ・相手の身分によって使い分ける

イエス、マイ・マジェスティ

「了解」という意味。ブリタニア皇帝に対して使う。

イエス、ユア・ハイネス「了解」という意味。ブリタニア皇族に対して使う。
イエス、マイ・ロード「了解」という意味。ブリタニア軍の上官に対して使う。

 

「イエス、ユア・ハイネス」と似た言葉が2つあります。「イエス、マイ・マジェスティ」「イエス、マイ・ロード」は、すべて同じ「了解」という意味です。

意味は同じですが、相手の身分に応じて使い分けられます。日本語の敬語と同じだと考えると、理解しやすいです。

「イエス、マイ・マジェスティ」を使う相手

シャルル皇帝の画像

シャルル・ジ・ブリタニア

「イエス、ユア・ハイネス」を使う相手

ユーフェミアの画像

シュナイゼル

コーネリア

ユーフェミア etc…

「イエス、マイ・ロード」を使う相手

ダールトンの画像

ダールトン

ギルフォード etc…