鬼滅の刃

鬼滅の刃「桑島慈悟郎」の解説|容姿や性格・善逸との関係性など

鬼滅の刃に登場する「桑島慈悟郎」を解説。容姿や性格・善逸との関係性・衝撃的な最期などをまとめて紹介していきます。

桑島慈悟郎は?

雷の呼吸を使う元鳴柱

kimetsu-kuwajima-img1鬼滅の刃第198話から引用。

桑島(くわじま)は善逸(ぜんいつ)と獪岳(かいがく)に「雷の呼吸」を教えた師匠。現役だった頃は、雷の呼吸の使い手で「鳴柱」に登りつめました。鱗滝(うろこたき)と同じく「育手」の1人です。

容姿・性格

桑島は白髭と太い白眉毛・白髪が特徴的。小柄で歳を老いたこともあり、杖を使っています。また、片足は現役の頃に失い、義足

桑島慈悟郎の生存等最終的な状況について

【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と最終状況の一覧鬼滅の刃(きめつのやいば)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最終的な状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載...

善逸との関係性

厳しくも優しく育て上げる

kimetsu-kuwajima-img2鬼滅の刃 第146話から引用。

桑島は善逸を厳しく修行しました。善逸は過酷な修行に耐えられず、何度も逃げ出していますが、その度に桑島がその度に捕獲。逃がすことなく、最後まで修行させました。

善逸は雷の呼吸を「壱ノ型 霹靂一閃」しか習得できていません。

それでも、桑島は「1つできれば万々歳だ」と激励しました。

この言葉のおかげで、善逸は霹靂一閃を極め、「漆ノ型 火雷神」などの派生技を編み出しました。

桑島の願い

桑島は善逸と獪岳に2人揃って、雷の呼吸の後継者にしようと考えていました。善逸と獪岳の関係は最悪。しかし、それでも桑島は2人で足りないところを補ってほしいと願っていました。

衝撃的な最期

自ら腹を切る

kimetsu-kuwajima-img3鬼滅の刃第144話から引用。

桑島の願いは届かず、なんと獪岳は命惜しさに鬼になってしまいました。

桑島は雷の呼吸の使い手から鬼を出した責任をとり、自害自ら切腹しました。介錯もつけなかったので即死せず、長い時間苦しんで死亡する、衝撃的な最期です。

善逸との最後の会話

桑島は善逸が獪岳との死闘後、意識の中で登場します。善逸は桑島に「獪岳と仲良くなれなかったこと」や「己の無力さ」を謝罪しました。すると、桑島は「お前は儂の誇りじゃ」と涙を流しながら、善逸に伝えました。

漫画が1冊無料「U-NEXT」

電子書籍
U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで漫画1冊を「無料」で読むことができます!
ラインナップ数が非常に多く、人気作品の最新刊だけではなく、連載が終了した過去の名作も読めてしまいます。

31日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、漫画購入費の40%がポイントバックされるため、U-NEXT内では全漫画が実質4割引きで買えてしまいます。

\ 31日以内に解約で無料!! /
漫画を1冊無料で読む
本ページの情報は2022年7月14日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

無料のVODをもっと探したい方はこちらへ