鬼滅の刃

鬼滅の刃「煉獄槇寿郎」の解説|容姿や性格・槇寿郎との関係性など

鬼滅の刃に登場する「煉獄槇寿郎」を解説。容姿や性格・杏寿郎との関係性・使用する呼吸などをまとめて紹介していきます。

煉獄槇寿郎は?

元炎柱で杏寿郎の父親

kimetsu-shinjurou-img1鬼滅の刃第68話から引用。

槇寿郎(しんじゅろう)は杏寿郎(きょうじゅろう)と千寿郎(せんじゅろう)の父親。名門「煉獄家」の現当主です。

鬼殺隊として活動していた頃は「炎柱」でした。使用する呼吸は杏寿郎と同じく「炎の呼吸」です。

また、槇寿郎には瑠火という妻がいましたが、既に死去しています。

容姿・性格

kimetsu-shinjurou-img2鬼滅の刃第147話から引用。

容姿は杏寿郎そっくりです。炎のような髪の毛と瞳、きりっとした目つきが特徴的。

元々の性格は杏寿郎のように熱く、情熱的です。しかし、現在は昼間から酒を飲むなど、ただの飲んだくれになっています。

以前は息子たちに稽古を付けていましたが、今では冷たく当たっています。誰にでも噛み付くなど、情熱的だった頃から大きく変わってしまいました

煉獄槇寿郎の生存等最終的な状況について

【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と最終状況の一覧鬼滅の刃(きめつのやいば)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最終的な状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載...

槇寿郎が変わったきっかけ

日の呼吸の存在と妻の死

kimetsu-shinjurou-img3鬼滅の刃第68話から引用。

槇寿郎が変わってしまった理由は、「炎柱ノ書」と「瑠火の死」が原因。

炎柱ノ書には、「日の呼吸」について書かれています。槇寿郎は始まりの呼吸の日の呼吸の存在と日の呼吸でも無惨を倒せなかった事を知り、己の無力さを痛感してしまいました。

さらに、同時期に琉火が死亡。最愛の妻が死んだ事で、さらに情熱を失ってしまいました。その後は、任務でわざと鬼を逃すなど、問題行動が目立ち始めます。最終的には、柱から引退の要求が出たため、引退しました。

作中での活躍

炭治郎の訪問を拒絶

槇寿郎は杏寿郎の死と遺言を伝えに来た炭治郎(たんじろう)を拒絶。炭治郎を日の呼吸の使い手だと思い、炎柱ノ書に記してあった日の呼吸に対する劣等感が爆発して、炭治郎に強く当たっていました。

しかし、炭治郎から杏寿郎の遺言「体を大切にして欲しい」という言葉を聞き、杏寿郎の死に涙を流しました

産屋敷家を護衛

無限城編では、産屋敷家の護衛を宇髄(うずい)とともに担当。炭治郎の訪問後、自らを悔い改め、再び立ち上がっています。

漫画が1冊無料「U-NEXT」

電子書籍
U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで漫画1冊を「無料」で読むことができます!
ラインナップ数が非常に多く、人気作品の最新刊だけではなく、連載が終了した過去の名作も読めてしまいます。

31日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、漫画購入費の40%がポイントバックされるため、U-NEXT内では全漫画が実質4割引きで買えてしまいます。

\ 31日以内に解約で無料!! /
漫画を1冊無料で読む
本ページの情報は2022年7月14日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

無料のVODをもっと探したい方はこちらへ