鬼滅の刃

鬼滅の刃「鱗滝左近寺」の解説|容姿や性格・義勇と炭治郎との関係性など

鬼滅の刃に登場する「鱗滝左近寺」を解説。容姿や性格・義勇と炭治郎との関係性・使用する呼吸などをまとめて紹介していきます。

鱗滝左近寺は?

天狗の麺を被った育手

kimetsu-urokotaki-img1鬼滅の刃第3話から引用。

鱗滝(うろこたき)は炭治郎(たんじろう)と義勇(ぎゆう)に「水の呼吸」を教え、2人を鍛え上げた師匠です。自身も水の呼吸を使い、幻影期だった頃は「水柱」に登り詰めています。

今は、鬼殺隊の隊員の育成を担う「育手」の1人です。

容姿・性格

kimetsu-urokotaki-img2鬼滅の刃第3話から引用。

鱗滝は常に天狗の面を被っている老人です。年齢は不詳。

天狗の面は現役だった頃からずっと身に付けています。身に付けている理由は、顔立ちが優しすぎて、鬼にバカにされる事が多く、モヤモヤしたから

性格は寡黙で厳しい物言いをしますが、根はとても優しいです。

弟子想いで、いつも炭治郎と禰豆子(ねずこ)の無事を祈っています。

鱗滝左近寺の生存等最終的な状況について

【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と最終状況の一覧鬼滅の刃(きめつのやいば)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最終的な状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載...

元柱だった頃の強さ

水柱を歴任

kimetsu-urokotaki-img3鬼滅の刃第147話から引用。

鱗滝は水柱だったことから、相当の実力者だと推測できます。鬼滅の刃に登場する元柱の中で最後まで戦い抜いた中で、唯一の五体満足です。
防御力に優れた水の呼吸を極めた水柱だったため、欠損しなかったと考えられます。

また、47年前に暴れていた手鬼は、鱗滝にやられて、藤襲森に閉じ込められました。

作中での活躍

炭治郎を鍛える

鱗滝は義勇の紹介で炭治郎を預かり、最終選別に合格できるよう、徹底的に鍛え上げました。その修行は超過酷。炭治郎は何度も死にかけています。

ただ、その修行のおかげで炭治郎は水の呼吸を習得し、最終選別を合格。炭治郎が無惨(むざん)を討伐まで強くなったのも、鱗滝のおかげと言っても過言ではありません

禰豆子を見守る

無限城編では、人間に戻る薬を投与して眠る禰豆子を見守っていました。無限城での戦いを「最終局面」と思いながら、炭治郎と禰豆子に「負けるな」と何度もエールを贈っています。

漫画が1冊無料「U-NEXT」

電子書籍
U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで漫画1冊を「無料」で読むことができます!
ラインナップ数が非常に多く、人気作品の最新刊だけではなく、連載が終了した過去の名作も読めてしまいます。

31日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、漫画購入費の40%がポイントバックされるため、U-NEXT内では全漫画が実質4割引きで買えてしまいます。

\ 31日以内に解約で無料!! /
漫画を1冊無料で読む
本ページの情報は2022年7月14日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

無料のVODをもっと探したい方はこちらへ