転スラ

【転スラ】クマラの強さと究極能力|90階層を統べる妖魔獣の王・八部衆について

転スラのクマラの画像

転スラ(転生したらスライムだった件)の迷宮十傑「九頭獣クマラ」を解説しています。クマラの究極能力・スキル、ペットである八部衆の能力、他の魔物との強さ比較や、リムルとの出会い、登場話などもまとめています。

クマラとは?リムルとの出会い

地下迷宮を守護する妖魔獣の王

転スラのクマラの画像

クマラとは、9本の尻尾を持つ稀少種族の魔物であり、テンペストの地下迷宮90階層を守護する妖魔獣の王。重力を司る究極能力・8体の魔獣を使役する強力な力を所持しており、迷宮十傑の1人に名を連ねています。

戦闘経験は少ないものの、その実力は覚醒魔王を超えるほどであり、リムルを守護する12体の守護王の中でも上位に君臨しています。

リムルとの出会いについて

※WEB版と書籍小説版では、出会いの経緯や名付けの由来が異なります。

WEB版では銀狐の時に拾われる

リムルがクマラを拾った時の姿は銀色の小狐であり、九本の尻尾を持っていたためクマラ(九魔羅)と名付けられました。

書籍小説版ではワルプルギスで救出

リムルと出会った当初の少女クマラは、クレイマンに呪いをかけられ支配されていました。しかしワルプルギスでリムルが支配の呪いを解除し、テンペストでクマラを保護することに。

さらにクマラという名付けを経て尻尾が3本から9本へと増加。八部衆を統合することで、少女の姿から傾国の大人の美女へと、いつでも変貌することが可能になります。

クマラの強さ・究極能力

究極能力『幻獣之王』で重力を自在に操る

転スラのクマラの画像

クマラの持つ究極能力は『幻獣之王/バハムート』。惑星に干渉することで周囲の重力を自在に操る強力な能力です。それ以外にも、空間支配を使って瞬間移動を実現可能。

さらに思考加速による戦闘行動最適化や多重結界による絶対防御を実現することができ、1つの能力でありながら万能性に優れているのが特徴です。

幻獣之王が持つ権能

・思考加速
・重力支配
・空間支配
・多重結界

8体の魔獣「八部衆」を操る

能力を持つ8体の魔獣「八部衆」を従えています。全員がリムルの名付けを受けたネームドであり、単体でもフロアボスを任されるほどの強さを誇ります。雷や炎を使役したり疫病を撒き散らすなど、八部衆の持つ能力は様々。

さらに、八部衆はもともとクマラの8本の尻尾が変化した姿。クマラが八部衆全てと合体したキメラモードになると、クマラは魔獣全ての能力を使用でき、魔素量も増大した究極の戦闘形態へと変身できます。

実力はゼギオンに劣る

クマラは90階層を守護していますが、実力自体は80階層を守るゼギオンに劣ります

もともとクマラは保護の目的で90階層に放たれていたこと、またゼギオンが予想外の進化を遂げたことが要因です。

ゼギオンの解説はこちら

ゼギオンの画像
【転スラ】ゼギオンの強さ・究極能力|80階層を統べる蟲皇帝・リムルとの馴れ初めについて転スラ(転生したらスライムだった件)の迷宮十傑「蟲皇帝ゼギオン」を解説しています。ゼギオンの究極能力・スキル、他の魔物との強さ比較や、アピトやディーノとの関係、登場話などもまとめています。...

クマラの仲間「八部衆」の能力

八部衆 能力
黒鼠/こくそ 黒き死の病を撒き散らす。魔法による治療は困難で、神聖魔法の使い手にしか治癒することができない。
雷虎/らいこ 雷を纏って侵入者の行手を遮る。
月兎/げっと 重力を操る。
翼蛇/よーだ 大気成分を操作し酸素濃度をゼロにする。
眠羊/みんく 幻覚催眠で眠りに誘い、意識を刈り取る。
白猿/びゃくえん 風と音を司り空を翔け嵐を呼び、真空刃を全方位に放つ。
炎鳥/えんちょう 高温の炎で敵を焼き尽くす。
犬鏡/いがみ 万物を写す鏡を駆使し、全ての法術を使用者に跳ね返す。

クマラの登場話・主な活躍と来歴

帝国侵攻編

156話:迷宮十傑で会議を行う

帝国軍を迎え撃つにあたって、迷宮十傑とリムルで会議を実施。クマラとアピトは女性同士、非常に険悪な間柄であることが明かされます。さらに、自身の守る90階層まで敵が来ないことを嘆いているようでした。

157話:ペット八部衆を使って帝国兵を蹂躙

鼠・虎・兎・蛇・羊・猿・鳥・犬という、動物系の魔獣を8体(八部衆)従えていることが判明。82〜89階層に各魔獣が配置されており、帝国兵は白猿による空中殺法と黒鼠の死の病を攻略できず全滅。

さらに八部衆が集合した姿こそがクマラであり、各魔獣の力はクマラの1つの能力の権限に過ぎないことが明かされます。

竜魔激突編

163話:魔王へと進化し魔素量が増大

帝国軍兵士を蹂躙した魂を利用して魔王へと進化。クマラの数本の尻尾は黄金色となり、毛並みも美しい。さらに金と銀の混ざった美しい長髪は、サラサラと輝きを放つように。

しかし美しさだけではなく、魔素量も膨大に増加。さらに進化に伴う祝福が、自身の分身体である八部衆に配布されたので、クマラは八体分強化されるのでした。

天魔大戦編

191話:シエルの最適化により究極能力獲得

神智核シエルによる能力最適化が行われたことで、地の上位聖魔霊へと進化。さらに究極能力『幻獣之王』を自力獲得し、惑星にすら干渉可能になります。八部衆を統合した場合は、12名の幹部の上位に食い込む強さに。

224話:アリオスを瞬殺する

イングラシア王国の王都上空にて、懲罰の七天使の1人アリオスを待ち伏せ。クマラは「わっち」「ありんす」などの廓言葉(くるわことば)を使いながら登場し、アリオスの首を瞬く間に切断するのでした。

243話:天使の残党を始末する

リムルの指示のもと、テンペスト上空にいる天使軍を迎撃。ストレス発散と言わんばかりに暴れ回り、八部衆の攻撃で次々と天使軍に混乱をもたらします。さらにリムルの発言から、マイを超える力を持っていることも判明するのでした。

迷宮十傑の解説はこちら

迷宮十傑の一覧はこちら

※転スラ最新刊が約100円で読める!

転スラ15巻の表紙

漫画転スラ最新巻が715円で発売!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで600円分のポイントを獲得でき、「追加の115円」で読むことができます!

最新刊だけではなく、アニメの続きである12巻も読めてしまいます。

30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

漫画転スラを100円で読む

(C)川上泰樹 (C)伏瀬
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。