転スラ

漫画転スラ74話のネタバレ考察|魔王化したリムルに対し、周辺の人間国家の対応は…

魔導王朝サリオンのエラルド

漫画転スラ(転生したらスライムだった件)の74話をネタバレありで考察しています。魔王となったリムルのもとにガゼル王・フューズが来訪。さらに魔導王朝サリオンの公爵エラルドも登場し、作戦会議は予想だにしない展開に。さらに魔王達の宴開催が決定し…

漫画転スラ74話のネタバレ

月刊シリウス連載「転スラ」の概要

漫画転スラのキービジュアル画像

WEB発の大人気小説を、原作者完全監修のもとコミカライズ! 通り魔に刺されて死んだと思ったら、スライムに転生しちゃってた!?
相手の能力を奪う「捕食者」と世界の理を知る「大賢者」、二つのユニークスキルを武器に、スライムの大冒険が今始まる!

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

前回73話のおさらい

・ラプラスは魔王ヴァレンタインに襲われ敗走
・ルベリオスは魔物が牛耳っている国と判明
・肉体を得たカザリームが登場
・ユウキがクレイマンを暗躍させた黒幕と判明
・ユウキらの作戦で魔王達の宴が開催されることに

魔王ヴァレンタインの画像
漫画転スラ73話のネタバレ考察|ついに姿を現した黒幕!魔王カザリームも復活し…漫画転スラ(転生したらスライムだった件)の73話をネタバレありで考察しています。吸血鬼との戦闘を生き残ったラプラスはイングラシア王国に帰還。そこには復活を果たした魔王カザリームの姿があり、さらに中庸道化連を操っていた黒幕がついに登場。黒幕たちはルベリオス攻略のために魔王達の宴を開催し…...

転スラ74話のネタバレ

リムルによる殺戮は秘匿にされる

ソウエイとクレイマンについて話していたリムルは、国に近づいてくる何者かの存在を察知。その場に出向いてみると、フューズが戦力を連れて来ていました

フューズは、ファルムス王国軍に対抗するため加勢しに来たとのこと。しかし、ファルムス軍はリムル1人の手で殲滅済み

ファルムス王国軍の侵攻を既に解決」「リムルが魔王になった」という2つの話を聞いたフューズは、混乱を示します。

そして、フューズがその2点が関係あるではないかと尋ねると、そこに居合わせたガゼル王は「ファルムス王国軍は、なぜか行方不明になった」という説明をするのでした。

つまり魔物親交派の国家は、リムルの行いを隠蔽しようとしているのです。なぜなら、気分次第で万の軍勢を滅ぼせるのは、恐怖にしかなり得ないから。

フューズも全ての事情を察し、ファルムス王国軍の消滅はリムルのせいではないと、口裏を合わせることに。

そして、幹部陣と予定していた今後の対策会議に、ガゼル王たちも参加することになります。

サリオンの大公爵が登場

隠蔽という方向性で話がまとまった一向ですが、そこへ魔導王朝サリオンの大公爵「エラルド・グリムワルド」が登場。エラルドは2つの理由があり来訪しました。

1つ目は娘のエレンが心配だったから。そして2つ目は、今後テンペストとの付き合い方を考える上で、王であるリムルを自身の目で確認したかったから。

リムルはエラルドの情報を持っておらず、今後どのように付き合うべきかを判断するため、エラルドが対策会議に出席することを許可。大所帯での会議が決定します。

そしてその時偶然、ヴェルドラが登場。リムルはヴェルドラが仲間になったことを正直に告白。するとガゼルいわく、暴風竜を警戒する西方聖教会が敵に回る可能性があるとのこと。

しかしガゼルは、もし戦争になればテンペスト側につくと発言。エラルドも、リムルの虐殺行為が広まらないのであれば、支持する姿勢を見せるのでした。

ヴェルドラを隠蔽材料に使うことに

場所を移動し、作戦会議が開始。

・武装国家ドワルゴンのガゼル王
・獣王国ユーラザニアのアルビス
・ブルムンド王国のフューズ
・魔導王朝サリオンのエラルド

という、そうそうたるメンバーが揃っています。

リムルは、元は異世界人だったこと、スライムに転生してヴェルドラと出会ったこと、ヒナタに襲われたこと、魔王になった経緯も全て説明。

そして、魔王化に伴い出てしまったファルムス王国軍の被害原因は、公には偽の情報を流すことにヴェルドラによる被害という旨で公表すると、リムルは国王達に伝えるのでした。

ヴェルドラは自分が悪役となることに不満はない様子。

そして各王国陣も、リムルが恐怖の対象になってしまうのは、魔物と人間が友好関係を築く上で悪手だと考え、リムルの筋書きに賛同。

そして捕らえている捕虜が事実を口外しても問題ないよう、ファルムス王国を1度滅ぼし、ヨウムを新しい王に据えることに決定します。

エラルドにより真意が問われる

ある程度方向性が決まったところで、エラルドはフューズに対し「なぜ西方聖教会よりも魔国連邦を選んだのか」と質問。

魔国連邦とは一定の距離を持ちつつ、西方聖教会の出方を見てから選ぶのも得策に思えたためです。

しかしフューズいわく、ブルムンド国王はカリュブディスやオークディザスターを退けたリムルの強さを即座に察知。自国が滅ぼされないために、いち早く魔国連邦と手を組んだとのこと。

フューズの話を聞き、納得の表情を見せるエラルド。

さらにエラルドは、魔物との国交を結ぶかどうかの決断をするため、リムルに「魔王としての力をどう使うのか」と質問。

それに対しリムルは「自分が望むままに暮らしやすい世界を作り、できるだけ皆が笑って暮らせる国を作りたい」と返答。

エラルドは、リムルが本気でそれを叶えようとしていることを感じ取り、リムルと手を組むことを決意。魔導王朝サリオンとの国交が結ばれることになりました。

そして会議と同時刻、クレイマンが魔王達の宴開催を発議し、ミリムとフレイが賛同。魔王達の宴が開かれることが決定します。

75話へと続く。

※74話は2020年10月号収録
※75話は2020年11月号収録

75話のネタバレ考察はこちら

リムルに話を告げる魔王ラミリスの画像
漫画転スラ75話のネタバレ考察|西方諸国への対応が決定!クレイマンと直接対決へ…漫画転スラ(転生したらスライムだった件)の75話をネタバレありで考察しています。まずは打倒クレイマンを果たすため、西方聖教会・ファルムス王国に対して穏便な対応を取ると決定したリムルたち。会議は無事終了したが、ラミリスよりクレイマンがリムルの命を狙っていると明かされ…...

漫画転スラ74話の感想と考察

魔王の人数は何人?

魔王に名を連ねている者として、クレイマン、フレイ、ミリム、レオン、ラミリス、ヴァレンタインの6名が判明済み。リムルを合わせると、7名の存在が明言されています。

魔王達の宴は3名の承認で開催されることから、多く見積もっても未登場の魔王は3〜5名になりそうです。

ヒナタとの再戦はほぼ確実

今回ガゼル王の口から、西方聖教会との敵対関係について言及がありました。暴風竜ヴェルドラのこともあり、教会の騎士であるヒナタとの再戦はほぼ確実のようです。

もしそうなれば、魔王となってからのリムルの実力、さらに人型ヴェルドラの戦闘シーンが見られるかもしれません。

今後も国交を結べるか

転スラの世界地図画像

今回は、魔国連邦が新たに魔導王朝サリオンと国交を結ぶに至りました。これにより、魔国連邦の周辺はほぼ国交が結ばれた状態に(画像のピンク丸部分)。

もしミリムやフレイ達との和解が完了すれば、東側の国交問題もある程度解消されそうです。西側との国交は戦争次第になりそうですね。

75話のネタバレ考察はこちら

リムルに話を告げる魔王ラミリスの画像
漫画転スラ75話のネタバレ考察|西方諸国への対応が決定!クレイマンと直接対決へ…漫画転スラ(転生したらスライムだった件)の75話をネタバレありで考察しています。まずは打倒クレイマンを果たすため、西方聖教会・ファルムス王国に対して穏便な対応を取ると決定したリムルたち。会議は無事終了したが、ラミリスよりクレイマンがリムルの命を狙っていると明かされ…...

本誌のネタバレ一覧

15巻以降
70話 71話 72話 73話 74話
75話

転スラの記事一覧はこちら

※転スラ最新話が170円で読める!

月刊シリウス5月号の表紙(リムル)

漫画転スラが連載中の月刊シリウスが配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで600円分のポイントを獲得でき、「追加の179円」で読むことができます!

普通に買うより600円分お得ですし、最新刊だけではなく、アニメの続きである12巻も100円で読めてしまいます。

30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

転スラ最新話を170円で読む

(C)川上泰樹 (C)伏瀬
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

漫画が1冊無料「U-NEXT」

電子書籍

U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで漫画1冊を「無料」で読むことができます!
ラインナップ数が非常に多く、人気作品の最新刊だけではなく、連載が終了した過去の名作も読めてしまいます。

31日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題です。

\ 31日以内に解約で無料!! /
呪術廻戦を無料で読む