呪術映画

映画『呪術廻戦0』のネタバレ感想・レビュー評価|オリジナルシーン

映画「呪術廻戦0」のネタバレ感想・レビュー評価をまとめています。原作になかった劇場版オリジナルシーン、原作勢から見た感想などを解説。

この記事は、重大なネタバレが含まれる可能性があります。アニメ最新話をまだ見ていない方が閲覧する際はご注意ください。

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

映画「呪術廻戦0」の内容・ネタバレまとめ

劇場版オリジナルシーン

Noオリジナルシーン
1乙骨の高専入学からクラスに到着するまで
2夏油が乙骨の学生証を拾う
3乙骨と里香が病院で初めて出会った過去
4商店街での狗巻棘(いぬまきとげ)の戦闘シーン
5新田明が五条に同行
6夏油襲来時に七海建人も登場
7五条VSミゲルの戦闘シーン
8百鬼夜行・京都の様子が描かれる
9パンダはゴリラモードで夏油と戦闘
10猪野琢真・日下部・冥々の戦闘シーン
11家入のもとに怪我人が運び込まれる
12乙骨が夏油に黒閃をキメる
13七海は黒閃を4連続でキメる
14乙骨・ミゲル・五条が海外へ

1:乙骨の高専入学からクラスに到着するまで

乙骨が高専に入学した初日の様子が、原作よりも詳細に描かれました。制服に着替え、係の者に見送られ、校内を1人でゆったりと歩いて行く乙骨。

参道の近くで五条と合流し、真希達のいる教室へ向かいます。

2:夏油が乙骨の学生証を拾う

原作では描かれなかった、夏油が乙骨の学生証を拾うシーンが登場。乙骨・真希が共同任務を終えた後、その学校の屋上で夏油が学生証を拾います。

3:乙骨と里香が病院で初めて出会った過去

病室で過ごす祈本里香呪術廻戦公式YouTubeより引用。

学校での初任務を終えた乙骨は病院へ。病院内にいる子供を見て、幼少期に里香と病院で初めて出会った時のことを思い出します。

病室から窓の外を見る里香を偶然見つけ、その横顔に乙骨は一目惚れしたのでした。

4:商店街での狗巻棘(いぬまきとげ)の戦闘シーン

商店街で戦う狗巻棘呪術廻戦公式ツイッターより引用。

乙骨と狗巻は商店街の呪いを払う任務に出動。準1級の呪霊との戦闘において、狗巻がバク転を披露するなど、大幅にシーンが追加されていました。

5:新田明が五条に同行

商店街の調査に五条が訪れた際、原作では五条だけでしたが、映画では新田明が同行しています。

6:夏油襲来時に七海建人も登場

高専を訪れた夏油呪術廻戦公式動画より引用。

夏油が高専に宣戦布告をしに来た際、ロータリーに高専の術師が集結。原作では七海が描かれませんでしたが、映画では七海も駆けつけています。

7:五条VSミゲルの戦闘シーン

ミゲルと戦う五条悟呪術廻戦公式ツイッターより引用。

五条とミゲルの戦闘シーンが、原作に比べて大幅に追加。五条の猛攻をミゲルが死に物狂いで受け流す様子が描かれました。

8:百鬼夜行・京都の様子が描かれる

百鬼夜行・京都の様子呪術廻戦公式動画より引用。

原作では描かれなかった、百鬼夜行・京都の様子が登場。京都の祇園にて、京都校の生徒たちが呪霊の群れを相手に戦います。

9:パンダはゴリラモードで夏油と戦闘

パンダのゴリラモード呪術廻戦公式ツイッターより引用。

高専でのパンダVS夏油は、原作では深く描かれませんでした。しかし映画では、パンダがゴリラモードに変身し、戦闘シーンも非常に長くなっています。

10:猪野琢真・日下部・冥々の戦闘シーン

百鬼夜行・新宿では、猪野琢真が術式を使うシーンが追加。原作では「渋谷事変編」にて初めて術式を使いましたが、アニメでは劇場版で初登場することに。

その他にも、原作には描かれなかった日下部・冥冥の戦闘シーンも初登場しています。

11:家入のもとに怪我人が運び込まれる

百鬼夜行で傷ついた人たちを治療するシーンが追加。大量の術師が運び込まれ、家入が夏油に対し「やってくれたな…」と呟きます。

また、家入・夏油・五条が同級生だった頃のシーンも新たに差し込まれました。

12:乙骨が夏油に黒閃をキメる

乙骨里香VS夏油呪術廻戦公式動画より引用。

0巻には乙骨が夏油を素手で殴り飛ばすシーンがありましたが、映画ではただのパンチではなく「黒閃」に変更されています。

13:七海は黒閃を4連続でキメる

百鬼夜行・京都で、七海の戦闘シーンも新たに追加。黒閃を4連続で決め、原作の「黒閃4連発」の描写を回収しています。

14:乙骨・ミゲル・五条が海外へ

エンドロールの後、乙骨とミゲルがミゲルの故郷で食事をするシーンが追加。そして2人のもとに五条悟(ごじょうさとる)が現れたところで劇場版は終了します。

原作勢の映画感想・評価レビュー

文句なしの100点|原作を忠実再現

乙骨と里香呪術廻戦公式Twitterより引用。

今回の劇場版は、原作が大好きな自分が見ても非常に楽しめました。原作の展開の速いコマ割りも好きでしたが、劇場版ではコマ割り間のシーンが丁寧に補足されています。

原作好きが求めていたオリジナルカットはもちろん、MAPPAが得意とする戦闘シーンも非常にハイクオリティで、初心者でも楽しめます。

漫画0巻の映画化という意味では、100点の出来だと思います。

原作で描かれなかったシーンが多数

「七海の黒閃4連発」「東堂の百鬼夜行での活躍」など、漫画版では描かれなかった要素が映像化されました。

単行本やジャンプで呪術廻戦を楽しんでいる方でも、問題なく楽しめる映画になっています。

映画呪術廻戦の関連記事

呪術高専サイド

呪詛師サイド

(C)芥見下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

漫画が1冊無料「U-NEXT」

電子書籍
U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで漫画1冊を「無料」で読むことができます!
ラインナップ数が非常に多く、人気作品の最新刊だけではなく、連載が終了した過去の名作も読めてしまいます。

31日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、漫画購入費の40%がポイントバックされるため、U-NEXT内では全漫画が実質4割引きで買えてしまいます。

\ 31日以内に解約で無料!! /
漫画を1冊無料で読む
本ページの情報は2022年6月20日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。