呪術廻戦

【呪術廻戦】七海建人とは?術式・過去|一級術師としての強さ・衝撃の死亡理由

七海建人の画像

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)の「七海建人(ななみけんと/ナナミン)」を解説。七海建人の術式と領域展開、死亡理由、呪術師になった経緯やサラリーマン時代の過去、名言や各巻ごとの活躍や登場話などもまとめています。

この記事は、重大なネタバレが含まれる可能性があります。アニメ派の方や、本誌をまだ読み進めていない方が閲覧する際はご注意ください。

七海建人(ななみけんと)とは?

労働を嫌う脱サラ一級術師

七海建人の画像呪術廻戦20話より引用。

七海建人とは、「呪術高専→サラリーマン→呪術師」という異例のキャリアを歩んだ一級術師のこと。「労働はクソ」だと考えており、労働時間内に呪霊を祓うことを最優先として行動します。

しかし労働嫌いである一方、呪術師としての適性は抜群。七海の術式は特級呪霊を単独で退けるほどの力を持ち、呪術師界でも一目置かれている存在です。

クールだが情に厚い一面を持つ

五条とは正反対のクールな性格ですが、後輩には的確なアドバイスを与えたり、仲間が傷ついた時には闘志を剥き出しにするなど、情に厚い一面が多々見られます

また、虎杖と度々任務を共にこなしており、虎杖の呪術師としての成長に大きく貢献しています。

七海建人の現在状況について

五条と夏油の画像
【呪術廻戦】主要キャラクターの生存/死亡と現在状況(本誌11/21更新)呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最新の状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載しているため【ネタバレ注意】です。呪術廻戦のキャラクターについて知りたい場合も必見です。...

七海の術式・領域展開

弱点を作り出す「十劃呪法/とおかくじゅほう」

術式を使用する七海呪術廻戦20話より引用。

七海建人の術式は、どんな相手にも強制的に弱点を作り出す「十劃呪法/とおかくじゅほう」。対象の長さを「7:3」に線分し、比率の交わる点を攻撃すれば大ダメージを与えることが可能。

線分するのは全身に限らず、頭部や胴、上腕など部分ごとに指定できます。さらに生物以外を対象することも可能です。

使用する武器は単純明快な大鉈ですが、その威力は特級呪霊を屠るほど。

拡張術式「瓦落瓦落/がらがら」

拡張術式「瓦落瓦落」を使う七海呪術廻戦23話より引用。

破壊した対象に呪力を籠める拡張術式。例えば建物を破壊した場合、降りかかる瓦礫全てに呪力が篭っており、広範囲攻撃へと昇華します。

2つの縛りで術式効果を底上げ

七海は戦闘において以下2つの縛りを用いており、術式効果を底上げしています。

  • 1日8時間は呪力を制限
  • 術式の効果を開示

1点目は、1日の労働時間が8時間に達するまで呪力を制限するというものであり、「時間外労働」になるとで、呪力が大幅にアップします。

労働嫌いで元サラリーマンの七海らしい縛りです。

黒閃の発動経験者

黒閃の連続発生記録保持者であり、4回連続で黒閃を出したことがあると判明。黒閃の発動に成功した七海は、呪力の核心に一歩迫っています

領域展開は使用できない

七海は領域展開を使用不可能。簡易領域などの領域を中和する方法も持ち得ないため、領域を展開されると厳しい戦いを強いられます。

七海建人の過去

1.呪術高専に入学

呪術高専に入学した経緯は明かされていませんが、高校は呪術高専を選択して入学。五条の1年後輩にあたり、五条と共に任務にアサインされることもありました。

2.後輩の灰原を失いサラリーマンに

七海は2年生時に、後輩の灰原と共に2級呪霊の討伐任務に向かいます。しかし現場にいたのは、産土神信仰という1級呪霊。

七海は何とか逃げ帰ったものの、後輩の灰原が命を落としてしまうことに

後輩の死をきっかけに「呪術師はクソだ」という考えに拍車がかかり、呪術師を辞めることになります。

3.金のことだけ考えて働く日々

パン屋の店員と話す七海呪術廻戦30話より引用。

呪術高専を出て4年、七海は証券会社で働くサラリーマンになっていました。毎日パンを買い、金のことだけ考えて働く日々。

やり甲斐を感じないサラリーマンの仕事に心の底では疑問を抱きつつも、自分はやり甲斐とは無縁の人間だと決めつけ、仕事をこなし続けます。

4.パン屋の言葉をきっかけに再び呪術師に

毎日のように働く七海は、行きつけのパン屋の店員に、顔色が悪いことを心配されます。

そして七海はお金に関する持論を述べたのちに、店員の肩にとりつく小さな呪霊を祓い退店。

去り際に店員から「ありがとう」という言葉をかけられ、呪術師に再びやり甲斐を見出した七海。五条に電話をかけ、再び呪術師となるのでした。

七海の死亡理由

真人の無為転変により死亡

渋谷事変にて陀艮・漏瑚の攻撃を受けてしまい、半身焼けただれた状態になった七海。満身創痍で五条のいる渋谷駅地下に向かいますが、その道中で真人と遭遇。

ようやく現れた虎杖の目の前で、七海の体は無為転変により吹き飛んでしまうのでした。

最後に七海が残した「あとは頼みます」という言葉は、虎杖に呪いとしてのしかかります。

七海建人の現在状況について

五条と夏油の画像
【呪術廻戦】主要キャラクターの生存/死亡と現在状況(本誌11/21更新)呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最新の状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載しているため【ネタバレ注意】です。呪術廻戦のキャラクターについて知りたい場合も必見です。...

七海建人の名言3選

「ナメやがって」

ナメやがってと発言する七海呪術廻戦99話より引用。

襲われた伊地知の姿を見た七海は、過去に灰原を失ったことを思い出し、己の不甲斐なさを腹の底から感じます。
そして仲間を傷つける諸悪の根源「呪霊」に対し、この言葉を呟くのでした。七海が燃えるような感情を露にした名言です

「虎杖君はもう 呪術師なんですから」

人を殺してしまい「正しい死とは何か」と思い悩む虎杖に伝えた言葉。全ての人を正しい死に導くことは困難だと語りながらも、虎杖がその困難な道を進むことを肯定し、背中を押してあげます。

「呪術師はクソだ」

呪術師は、他人のために命を投げ出す覚悟を時に仲間に強要しなければなりません。しかし七海は仲間を失う辛さを知った上で、呪術師として舞い戻り人を救うことを決意。
クソだと思いながらも、他人を救いたいという七海の気持ちが表れた名言です。

七海(ナナミン)の登場話・活躍

3巻

18〜20話:虎杖と共に不審死調査へ

虎杖と共に、映画館で起きた不審死を調査。脱サラの一級術師であると判明し、後輩の虎杖に残穢の確認方法や呪術師としてどうあるべきかを説きます。

また呪霊と対峙した際は、「7:3」の術式を使って一瞬のうちに呪霊を倒すのでした。

21〜24話:特級呪霊「真人」と戦闘に

不審死事件の犯人のアジトを突き止め、単身乗り込むことに。アジトにて特級呪霊「真人」と対峙し、術式を使用して戦いを挑みます。

七海は冷静に真人の攻撃を捌きますが、接近自体が難しい真人とは相性が悪く、苦戦を強いられることに。しかし、”縛り”と拡張術式により呪力を底上げし、アジト自体を破壊。

分の悪い勝負を引き分けへと持ち込むのでした。

4巻

26話:虎杖のいる学校へと向かう

七海は二級術師の猪野と共に呪霊を祓っていましたが、その裏では順平のいる里桜高校に帳が降り、虎杖が単独で侵入。

七海は電話で虎杖の単独行動を止めるよう諭すものの、虎杖は止まらないため七海も里桜高校へと向かいます。

28〜31話:虎杖と協力して真人を撃退

真人を前に絶体絶命の危機に陥った虎杖でしたが、土壇場で七海が登場し虎杖を救い出します。その後、2人はコンビネーション技で真人を追撃。

しかし、戦いの中で覚醒した真人の領域展開に七海は呑まれてしまうのでした。死を覚悟した七海は走馬灯を見、呪術師に再就職した時のことを思い出します。

パン屋からもらった感謝の言葉を胸に、七海は真人の攻撃を受けることを決意。しかし死を受け入れたその時、虎杖が領域内に侵入し七海を救出。

真人を取り逃がしたものの、七海は生き残り虎杖を呪術師として認めるのでした。

6巻

50話:黒閃の連続記録保持者として登場

黒閃の連続発生記録保持者として、インタビューをされる七海。黒閃を2回以上出すなら連続、またはその日の内でないと厳しいと語ります。

さらに1回目の理由はまぐれでも良いとし、アスリートゾーンに入ることが大事だと説明。そして最後に自身の連続記録は4回だと告げ、インタビューを締めくくります。

9巻

77話:後輩の灰原を失い焦燥する

五条悟の過去編にて、七海は後輩の灰原と共に2級呪霊の討伐任務に向かいます。しかし現場にいたのは、産土神信仰という1級呪霊。

七海は何とか逃げ帰ったものの、後輩の灰原が命を落としてしまうことに。任務は五条に引き継がれ、七海は「呪術師は五条1人でいいのでは」と悔しい思いを吐露するのでした。

10巻

83話:渋谷に降りた帳の外側で待機

渋谷に突如一般人を閉じ込める帳が降ろされたため、呪術高専の呪術師が現場へ。猪野と伏黒と共に「七海班」を構成して、指令が来るまで帳の外に待機します。

11巻

92〜93話:緊急事態発生のため作戦指示を出す

五条の封印に伴い帳内の改造人間が非術師を襲い始めたため、七海ら三班が帳内に突入。当初は非術師を救う予定でしたが、虎杖から五条封印の報を受けて作戦変更。

猪野・虎杖・伏黒に帳を解くよう指示し、七海自身はその間に、一級術師でしか通らない要請をするため一度帳の外へ出ます。

12巻

98〜101話:伊地知を刺した重面春太を撃退

帳の外に出た七海は、刃物で刺され生死不明の伊地知を発見。己の不甲斐なさに打ちのめされつつも、伊地知を救護班に預けて、再び帳の中へ。

そして、伊地知を刺した呪詛師「重面春太」が釘崎新田に襲い掛かった時、七海が助っ人として登場。たった3発の攻撃で重面春太を撃退するのでした。

重面春太を倒した後は、釘崎と新田に待機命令を出し、自身は禪院班と合流して渋谷駅地下を目指します。

106話:禪院班と合流して陀艮と対峙

井の頭線渋谷駅アベニュー口にて、禪院真希・直毘人と合流。駅構内へと侵入し、特級呪霊「陀艮」と対峙します。

13巻

107〜110話:左目を失いながらも陀艮を討伐

莫大な呪力を持つ陀艮に高速で攻撃を繰り出し、陀艮が攻撃を出せないほど圧倒。しかし陀艮に領域を展開されてしまい、陀艮の必中式神により左目を失います

ですが伏黒が領域内に侵入したことで、必中効果が無しに。伏黒を護衛して領域展開をサポートし、脱出用の穴を確保し続けます。

そして偶然脱出穴から禪院甚爾が登場。甚爾がほぼ1人で陀艮を倒し、七海は無事に生き残ることができたのでした。

111話:漏瑚に焼かれてしまう

陀艮が死亡して七海は無事生き残りますが、そこへ特級呪霊「漏瑚」が登場。漏瑚に一瞬で全身を焼かれ、生死不明となってしまいます。

14巻

120話:真人の無為転変により死亡

七海は漏瑚の攻撃から生き残っており、半身が焼けただれた満身創痍の状態で渋谷駅地下へ。待ち受ける改造人間を次々と倒しますが、現れた真人に体を触れられてしまいます。

そして死の目前に現れた虎杖に「後は頼みます」と伝え、真人の無為転変により死亡するのでした。

呪術高専のキャラたち

キャラクターの一覧はこちら

※呪術廻戦最新刊が無料で読める!

呪術廻戦13巻の表紙

呪術廻戦13巻が10月2日に発売!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で読むことができます!
最新刊だけではなく、乙骨の過去が描かれた今話題沸騰中の0巻も読めてしまいます。

31日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

\ 31日以内に解約で無料!! /
呪術廻戦を無料で読む

(C)芥見下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

漫画が1冊無料「U-NEXT」

電子書籍

U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで漫画1冊を「無料」で読むことができます!
ラインナップ数が非常に多く、人気作品の最新刊だけではなく、連載が終了した過去の名作も読めてしまいます。

31日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、漫画購入費の40%がポイントバックされるため、U-NEXT内では全漫画が実質4割引きで買えてしまいます。

\ 31日以内に解約で無料!! /
漫画を1冊無料で読む