呪術廻戦

呪術廻戦125話のネタバレ考察|釘崎散る…。ついに明かされる幼少期の過去

ふみに別れを告げる釘崎

ついに明かされる釘崎の過去。同級生のふみ・7つ上の沙織と楽しい日々を過ごした一方で、村八分などが原因で村を嫌悪していた釘崎。だが呪術高専の仲間との出会いを通じ、徐々に人を信頼し始めていた。しかし無情にも無為天変が釘崎の顔面を破壊し…

この記事は、重大なネタバレが含まれる可能性があります。アニメ最新話をまだ見ていない方が閲覧する際はご注意ください。

呪術廻戦125話のネタバレ

週刊少年ジャンプ連載「呪術廻戦」の概要

呪術廻戦のキービジュアル

呪い。
辛酸・後悔・恥辱…。人間の負の感情から生まれる禍々しきその力は、人を死へと導く。

ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖は、呪いを廻る戦いの世界へと入っていく…!異才が拓く、ダークファンタジーの新境地!

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

前回124話のおさらい

・共鳴りで作った隙に虎杖が本体真人を猛撃
・分身真人は釘崎から逃亡し渋谷駅地下へ
・本体真人は分裂して虎杖から逃走
・真人本体と分身が接触して入れ替わる
・釘崎は真人本体の無為天変をくらってしまう

前回のネタバレはこちら

無為天変を受けた釘崎
呪術廻戦124話のネタバレ考察|真人の策略…!釘崎が無為天変を喰らってしまい…釘崎の共鳴りで真人は動くことができず、その隙に虎杖は真人に致死的な攻撃を加えていく。しかし分身真人が本体の危機を察知し、釘崎の前から逃走。分身を追う釘崎でしたが、その先で本体真人と遭遇。釘崎は無為天変を食らってしまい…...

呪術廻戦本誌125話のネタバレ

ふみから見た釘崎の幼少期

釘崎が小学校1年生で6歳の頃、ふみ」という女の子が引っ越してきた。田舎であるため全校生徒は19人しかいない。ふみは水色のランドセルを好んで使っていたものの、閉鎖的な村では黒と赤が主流の様子。

しかし、ほとんどの生徒がふみの水色ランドセルを嫌う中、釘崎は違った。釘崎は水色のランドセルを欲しがり、ふみのランドセルと自分のを強制的に交換させたのだ。

釘崎は水色ランドセルにすぐ飽きて、その日の放課後にふみ返したものの、その日から釘崎はふみの家に入り浸ることに。釘崎はふみの父と頻繁にスマブラをしていたようだ。

そして、その時から釘崎は村の人達が嫌いだった。さらに閉鎖的な村であるため、村の人と友達になるより他人になる方が難しいと、釘崎は憤りを感じながら暮らしていたと明かされる。

沙織が引っ越してくる

釘崎と共に過ごしていたふみは、ある日を境に、釘崎の言葉遣いに品性が伴い始めたと気づく。

そのきっかけとなったのは、新しく引っ越してきた「沙織」だ。釘崎は沙織の住む屋敷を「秘密基地だ」と言い、ふみと共に沙織の家に通い始めるようになる

沙織は中学2年生で2人と年が離れていたが、いつも2人を快く受け入れた。沙織を真似て、釘崎の言葉遣いが柔らかいものへと変化していく。

しかしある日から、沙織の家に異変が起きる。家に落書きがされ、ゴミや人為的に積まれた雪が家の前に置かれるようになったのだ。どうやら沙織の家は村八分にあった様子

村八分が原因となり、それから少し経って沙織は引っ越すことに。沙織を見送る際、釘崎は顔をべちゃべちゃにするほど涙を流して別れを告げた

釘崎が上京することに

それから約10年が経ち、釘崎は東京の高校へ通うことに。入学時期が6月と中途半端になったのは、祖母と揉めたのが原因だったらしい。

釘崎の見送りに立ち会うため、駅舎を訪れたふみ。

釘崎は笑顔で「二度とここには戻ってこないから。ふみも早くこの村を出なよ」と伝える。さらに「次会う時は3人で」と、今にも泣きそうな顔でふみに告げるのだった。

釘崎とふみは沙織が去って以来、沙織の話題を出すことを意図的に避けていた。だからこそ、ふみは釘崎から沙織への思いを10年ぶりに聞くことができ、思わず涙を流す。

そして2人は別れの挨拶を済ませた後、釘崎を乗せた電車がついに発車し、東京へと向かっていく。

〜〜過去回想終わり〜〜

沙織は編集者になっていた

沙織は編集者の仕事についており、先輩社員と共に深夜まで校了の作業をしている。2人の雑談は結婚願望の話になり、そこから沙織の中学2年生時代へと話が移る

沙織は言う。

中学2年生の頃、オーガニック趣向の親の影響で田舎に引っ越し、そこで2人の少女に出会った。そして沙織は1人っ子だったので、懐いてくれた釘崎が可愛くて仕方がなかったと

慕ってほしいが故に、無理にお姉さんぶったこともあり、紅茶を出したり言葉遣いが綺麗だったのは、それが理由のようだ。

しかし、沙織は少し自信のない表情を浮かべる。

なぜなら、別れる際にはワンワン泣いてくれた釘崎が、今の普通の沙織を見たらガッカリするだろうと感じたためだ。

だが、それでも沙織の釘崎に対する愛情は、決して変わることはない。「元気にしているのか、今どこで何をしているのか」と、10年離れた今でも釘崎を思いやっている

釘崎、散る…

無為天変を受けた釘崎は、自身の育った村のことを思い出していた。

今では、あの村の連中は全員おかしい、といった感情はない。

しかし、沙織の村八分の一件以来釘崎はとある価値観に支配されていた。人間とは、土足で他人の人生を踏みにじる者なのだと。

だが呪術高専の仲間たちを思い出し、釘崎の価値観は変化する。おかしい奴もいるが、良い奴もたくさんいるのだと

その後、釘崎は心の中でふみに「ごめんね」と別れの挨拶を告げる。

そして過去に思いを馳せた釘崎は、目の前にいる虎杖に対し最後の伝言を頼む。呪術高専のみんなに「悪くなかった!」と伝えてくれと。

次の瞬間、無為天変により釘崎の頭部が無情にも吹き飛ぶ

虎杖に顔には、釘崎の血が吹き飛んでいた。

126話へと続く。

125話の感想・考察

Q.釘崎は生き残る?

戦線離脱はするが、生き残りそう。無為天変の変形は反転術式が効きませんが、今回は左頭部が吹き飛んだだけなので、家入もしくは宿儺の反転術式を使えば、助かる可能性は十分にあります。また、過去に虎杖に死のサプライズをされており、その仕返しを釘崎がする展開になるかも。

Q.虎杖がまず取る行動とは?

自力で真人を倒すと思います。宿儺に契約を持ちかけるとは思いますが、宿儺は別の目的があり、虎杖経由の復活を無理に望んでいません。家入のもとへ向かうべく、すぐに真人を倒そうとするでしょう。

主要キャラの現在状況はこちら

五条と夏油の画像
【呪術廻戦】主要キャラクターの生存/死亡と現在状況(本誌10/19更新)呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最新の状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載しているため【ネタバレ注意】です。呪術廻戦のキャラクターについて知りたい場合も必見です。...

本誌のネタバレ一覧

11巻
89話 90話 91話 92話 93話
94話 95話 96話 97話
12巻
98話 99話 100話 101話 102話
103話 104話 105話 106話
13巻
107話 108話 109話 110話 111話
112話 113話 114話 115話
14巻
116話 117話 118話 119話 120話
121話 122話 123話 124話
15巻
125話 126話

呪術廻戦の記事一覧はこちら

※呪術廻戦最新刊が無料で読める!

呪術廻戦13巻の表紙

呪術廻戦13巻が10月2日に発売!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で読むことができます!
最新刊だけではなく、乙骨の過去が描かれた今話題沸騰中の0巻も読めてしまいます。

31日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

\ 31日以内に解約で無料!! /
呪術廻戦を無料で読む

さらにもう1冊無料で読める!

呪術廻戦0巻の表紙(乙骨とりか)

music.jpでも、無料トライアル登録するだけで呪術廻戦を1冊無料で読むことができます!

こちらも30日以内に解約すれば料金は一切かからないので、最新刊を読んでさらに0巻も読みたいという方は、ぜひ利用してみてください。

もう1冊を無料で読む

(C)芥見下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

漫画が1冊無料「U-NEXT」

電子書籍

U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで漫画1冊を「無料」で読むことができます!
ラインナップ数が非常に多く、人気作品の最新刊だけではなく、連載が終了した過去の名作も読めてしまいます。

31日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題です。

\ 31日以内に解約で無料!! /
呪術廻戦を無料で読む