呪術廻戦

呪術廻戦116話のネタバレ考察|漏瑚散る。熾烈極まる戦いの果てに、あの男が現れ…

呪術廻戦116話のネタバレ考察。渋谷の命運をかけて、火力勝負を行うこととなった宿儺と漏瑚。お互いに渾身の攻撃を繰り出し、勝負は一瞬で決着を迎える。漏瑚の本当の願いが明らかになり、宿儺に労いの言葉をかけてもらったことで、漏瑚は初めて涙を流すのだった。さらに暗躍していた裏梅が頭角を表し出し、伏黒の身にも異変が起こっており…

呪術廻戦116話のネタバレ

週刊少年ジャンプ連載「呪術廻戦」の概要

呪術廻戦のキービジュアル

呪い。
辛酸・後悔・恥辱…。人間の負の感情から生まれる禍々しきその力は、人を死へと導く。

ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖は、呪いを廻る戦いの世界へと入っていく…!異才が拓く、ダークファンタジーの新境地!

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

前回115話のおさらい

・宿儺が漏瑚の実力を遥かに圧倒する
・逃走を図る日下部とパンダの前に宿儺が登場
・宿儺がよしと言うまで町の人間は動くことが不可能に
・宿儺は炎の術式を発動し漏瑚に火力対決を挑む

前回のネタバレはこちら

炎の術式を使う宿儺
呪術廻戦115話のネタバレ考察|宿儺に触れることすらできない漏瑚。新たな術式も登場し…呪術廻戦115話のネタバレ考察。宿儺に一撃さえ入れればいい漏瑚だったが、宿儺の圧倒的な実力の前に、宿儺に触れることすらできない。一方、上空で戦う宿儺たちの真下にいる日下部とパンダは、呪詛師と共に逃走を図るも宿儺に脅されて逃走を静止されてしまう、そして宿儺は漏瑚に対して炎の術式を披露し…...

呪術廻戦本誌116話のネタバレ

激戦を繰り広げる宿儺と漏瑚。宿儺は炎の術式を発動して、漏瑚の土俵で火力勝負を挑むことになります。

宿儺は炎を縦に伸ばして炎の弓矢を形成。一方の漏瑚は、炎を両手で丸め込むようにして炎の火球を作り出しました。

両者はお互いに向き合い、攻撃態勢に入ります。宿儺は弓を引き、漏瑚は火球を両手で支えていました。そして次の瞬間、火力勝負は一瞬で決着が着くのでした。

————————

お互いが攻撃を繰り出した刹那、漏瑚はあの世のような場所で花御・陀艮と再会していました。どうやら宿儺の攻撃で死んだようであり、2人にすまないと謝罪する漏瑚。

それに対し花御は、まだ真人が残っていると伝えます。人が恐れ忌む「死」。だがその向こうにもまた「人」が佇んでいます。「人」にとって「死」は鏡。真人は鏡そのものだと、花御は言うのでした。

さらに花御は続けます。真人はまだまだ強くなる、そう考えたからこそ漏瑚は真人を頭に据えたのでしょうと。

それに対し漏瑚は、同意とも取れる沈黙を貫き、最後の言葉を花御と陀艮に伝えました。再び生まれてくる時、自分たちはもう我々ではありません。それでもまた逢える日を心待ちにしています。我々こそ真の人間だと。

————————

最後の別れを告げる漏瑚たちの前に、突如宿儺が登場

話を聞いていた宿儺は、オマエは人間のような位地に至りたかったのかと尋ねます。そしてその感情を下らんなと切り捨てる宿儺。

さらに宿儺は続けます。

人間も呪霊も、寄り合いで自らの価値を計ろうとするから、皆弱く矮小になっていきます。打算も計算もなく手当たり次第焼き尽くすべきだったのです。理想を掴み取る”飢え”が漏瑚には足りていなかったのだと。

そうかもしれないと言う漏瑚。

しかしそんな漏瑚に対し、多少は楽しめたぞと伝える宿儺。1000年前に人間・術師・呪霊と戦った中では、漏瑚はマシな方であったと。「誇れ、オマエは強い」と宿儺は漏瑚に伝えるのでありました。

宿儺の言葉を聞き、漏瑚の目からは自然と涙が溢れ出ていました。初めて見た涙に、思わずなんだこれはと反応する漏瑚。

それに対し、宿儺は笑顔で「さぁな、俺はそれを知らん」と返します。

————————

全身が炎に焼き尽くされて、漏瑚は完全に死亡しました。

そして漏瑚の死体を見つめる宿儺の前に、突如呪霊側の白髪の男が現れます

宿儺様をお迎えに参りましたという白髪の男。

そして宿儺は誰だと問いながらその男を見ると、顔見知りであることに気がつきます。「裏梅か!」と宿儺は言い、裏梅は「お久しうございます」と答えるのでした。2人は1000年前から顔見知りの様子

一方23:07。

伏黒は呪詛師に不意を突かれ負傷しており、意識を失っていました。しかしその一方で、伏黒を刺した呪詛師の前には巨大な影が迫っており、伏黒にふざけんな起きろと激昂しています。

伏黒の身に一体何が。

117話へと続く。

117話のネタバレはこちら

最強の式神「八握剣異戒神将魔虚羅」
呪術廻戦117話のネタバレ考察|伏黒生死不明に…最強の式神がついに宿儺と対峙し…呪術廻戦117話のネタバレ考察。度重なる戦闘のダメージにより、徐々に呪詛師に追い詰められていく伏黒。勝機がないことを悟った伏黒は、禁断の調伏の儀を行い、ついに十種影法術における最強の式神を召喚する。最強の式神を前に一瞬で葬られてしまう伏黒。しかしそこへ宿儺がなぜか味方として現れ…...

116話の解説・考察

Q.宿儺は術式を複数使える?

おそらく使用可能。斬撃と思われる術式に加え、炎系の術式も使えるようです。

Q.裏梅と宿儺の関係は?

1000年前に宿儺に仕えたのが裏梅家だったと考察。裏梅は1000年前から生き続けていたのではなく、裏梅家の末裔。だから宿儺は初見で気付かなかったのでしょう。

117話のネタバレはこちら

最強の式神「八握剣異戒神将魔虚羅」
呪術廻戦117話のネタバレ考察|伏黒生死不明に…最強の式神がついに宿儺と対峙し…呪術廻戦117話のネタバレ考察。度重なる戦闘のダメージにより、徐々に呪詛師に追い詰められていく伏黒。勝機がないことを悟った伏黒は、禁断の調伏の儀を行い、ついに十種影法術における最強の式神を召喚する。最強の式神を前に一瞬で葬られてしまう伏黒。しかしそこへ宿儺がなぜか味方として現れ…...

主要キャラの現在状況はこちら

五条と夏油の画像
【呪術廻戦】主要キャラクターの生存/死亡と現在状況(本誌9/26更新)呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最新の状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載しているため【ネタバレ注意】です。呪術廻戦のキャラについて知りたい場合も必見です。...

本誌のネタバレ一覧

11巻
89話90話91話92話93話
94話95話96話97話 
12巻
98話99話100話101話102話
103話104話105話106話 
13巻
107話108話109話110話111話
112話113話114話115話 
14巻
116話117話118話119話120話
121話122話123話124話 
15巻
125話126話127話128話129話
130話131話132話133話 
16巻
134話135話136話137話138話
139話140話141話142話 
17巻
143話144話145話146話147話
148話149話150話151話152話
18巻
153話154話155話156話157話
158話159話160話161話 
19巻
162話163話164話165話166話
167話168話169話170話 
20巻
171話172話173話174話175話
176話177話178話179話 
21巻
180話181話182話183話184話
185話186話187話188話189話
22巻
189話190話191話192話193話
194話195話196話197話198話
199話

呪術廻戦の記事一覧はこちら

※呪術廻戦最新刊が無料で読める!

呪術廻戦20巻の表紙

呪術廻戦20巻が発売!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で読むことができます!31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

さらに、U-NEXT内で漫画を購入すると購入額の最大40%がポイントとして返ってくるので、漫画は書店で買うよりもお得です。気軽に体験してオトクに漫画を読んじゃいましょう。

\ 31日以内に解約で無料!! /
呪術廻戦を無料で読む

本ページの情報は2022年7月14日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

さらにもう1冊無料で読める!

呪術廻戦0巻の表紙(乙骨とりか)

music.jpでも、無料トライアル登録するだけで呪術廻戦を1冊無料で読むことができます!

こちらも30日以内に解約すれば料金は一切かからないので、最新刊を読んでさらに0巻も読みたいという方は、ぜひ利用してみてください。

もう1冊を無料で読む
無料のVODをもっと探したい方はこちらへ

(C)芥見下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

漫画が1冊無料「U-NEXT」

電子書籍
U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで漫画1冊を「無料」で読むことができます!
ラインナップ数が非常に多く、人気作品の最新刊だけではなく、連載が終了した過去の名作も読めてしまいます。

31日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、漫画購入費の40%がポイントバックされるため、U-NEXT内では全漫画が実質4割引きで買えてしまいます。

\ 31日以内に解約で無料!! /
漫画を1冊無料で読む
本ページの情報は2022年7月14日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

無料のVODをもっと探したい方はこちらへ