MENU
呪術廻戦

呪術廻戦96話のネタバレ考察|五条と粟坂の因縁!ついに伏黒が術式を看破し…

五条悟が生まれるまで、粟坂とオガミ婆は呪詛師としての人生を謳歌していた。しかし五条の誕生をきっかけに人生を狂わされた2人。恨みを原動力とし、虎杖と伏黒の前に立ち塞がる。一方で伏黒はついに粟坂の術式を看破し…

呪術廻戦96話のネタバレ

週刊少年ジャンプ連載「呪術廻戦」の概要

呪術廻戦のキービジュアル

呪い。
辛酸・後悔・恥辱…。人間の負の感情から生まれる禍々しきその力は、人を死へと導く。

ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖は、呪いを廻る戦いの世界へと入っていく…!異才が拓く、ダークファンタジーの新境地!

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

前回95話のおさらい

・猪野は七海の推薦での1級昇格にこだわっていた
・猪野は降霊術でオガミ婆と孫に善戦する
・虎杖と伏黒は粟坂になぜかダメージを与えられない
・オガミ婆は降霊術で伏黒父を孫に憑依させる

前回のネタバレはこちら

術式で攻撃する猪野
呪術廻戦95話のネタバレ考察|猪野が降霊術で敵を圧倒!しかし伏黒父が復活してしまい…虎杖と伏黒は粟坂に苦戦を強いられていた。一方で降霊術による術式を駆使して戦う猪野。実力でオガミ婆とその孫を圧倒する。しかしオガミ婆も降霊術の使い手であり、なんと禪院甚爾を憑依させ…...

呪術廻戦本誌96話のネタバレ

1989年12月7日。五条悟が生まれたその日、オガミ婆と粟坂は呪詛師としての仕事を謳歌していた。

年々活発になる呪霊の相手で呪術師たちは手一杯。2人は上手く立ち回り、自由気ままに楽に稼ぐことができたのだった。

自由だった頃の粟坂とオガミ婆

五条の誕生から数年後、オガミ婆と粟坂は五条悟の存在を知る。五条悟は五条家に生まれた六眼の子供であり、すでに億を超える懸賞金が付けられていた。

子供を殺すなど容易いと自信に満ち溢れていた2人は、五条を殺しに向かう

街中で五条を見つけた2人。しかし体の震えが止まらず、五条に接近することができない。2人の体は五条が圧倒的な格上であることを、一瞬で感じてしまったのだ。

五条悟に睨まれ怯む2人は、五条が生まれたことで世界の均衡が変わったことを理解する。

晩年にして、五条悟に自由を奪われしまったと考える粟坂とオガミ婆。その恨みを原動力とし、渋谷事変に参加したのだった。

ーーーーーーーーーーーーーーー

五条との過去を思い出しながら、虎杖と伏黒を相手にする粟坂。数的不利であっても、近接戦で虎杖と伏黒を圧倒してゆく

伏黒を圧倒する粟坂

虎杖と伏黒の攻撃のダメージはなぜか粟坂に通らない。虎杖はそのタフさに驚愕するも、伏黒は術式によるものだと勘付いていた。

伏黒はブラフをかける。五条悟が渋谷に来ている、五条に気づかれれば一瞬で負けてしまうと。

粟坂は答える。五条が封印されたのは知っている。そうでなければここに来ないと。

伏黒は粟坂の回答から、粟坂の術式が無効化ではないことを理解する。なぜなら無効化であれば、五条のような規格外の相手でも怯まず戦うことができるのだから。

脱兎を大量に発生させ、粟坂を取り囲む伏黒。術式の秘密に気づき、虎杖に作戦を伝える。

ついに反撃開始!

97話へと続く。

97話のネタバレはこちら

がまの一撃を食らう粟坂
呪術廻戦97話のネタバレ考察|虎杖伏黒があべこべを攻略!伏黒父が復活してしまい…オガミ婆の降霊術により復活したのはなんと伏黒父。猪野は一瞬で伏黒父に圧倒されてしまう。一方で虎杖と伏黒は粟坂の術式の秘密に気づき、戦略的に攻撃を繰り出してゆき…...

主要キャラの現在状況はこちら

五条と夏油の画像
【呪術廻戦】主要キャラクターの生存/死亡と現在状況(本誌6/1更新)呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最新の状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載しているため【ネタバレ注意】です。呪術廻戦のキャラクターについて知りたい場合も必見です。...

本誌のネタバレ一覧

11巻
89話90話91話92話93話
94話95話96話97話
12巻以降
98話99話100話101話102話
103話104話105話106話107話
108話

呪術廻戦の記事一覧はこちら

※呪術廻戦最新刊が無料で読める!

呪術廻戦11巻の表紙(七海)

呪術廻戦11巻が6月4日に発売!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で読むことができます!
最新刊だけではなく、乙骨の過去が描かれた今話題沸騰中の0巻も読めてしまいます。

30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

呪術廻戦を無料で読む

(C)芥見下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。